しっかり押さえて!不動産賃貸業を営む際のポイント

しっかり押さえて!不動産賃貸業を営む際のポイント

まずは試算を行うことから

資産運用や相続税対策、副業などとして不動産賃貸業を営もうと考える人がいます。その際次のようなポイントを押さえておくことで、デメリットを避けつつメリットを享受することが可能となります。まずポイントとして挙げられるのが事前の試算です。今後どの程度の価格の物件を購入し、家賃収入や借入金返済などのバランスを事前に比較検討しておき、自身のどの目的に合わせるかを考えておかねばなりません。そのため試算を行う前に、どういった目的を持って不動産賃貸業を始めたいのかを決めておくことが重要です。

次にハウスメーカーを考える

ある程度目的や試算が終わったら、次は建築を依頼するハウスメーカーを選ぶ必要があります。ハウスメーカーごとに得意とする物件が違うだけでなく、アフターサポートなども大きく変わります。特に自身で管理を行うのではなく一括借り上げや家賃管理などを依頼する場合についてはしっかり考えておかねばなりません。複数の業者に見積り依頼をするだけでなく、口コミサイトや実際に建築した人に相談するのも一つの手と言えるでしょう。

物件のニーズを考える

試算も終わり、ハウスメーカーも決まったら、次は物件のニーズについて考えておかねばなりません。例えば工場の多い地域にファミリー物件を建築してもあまりニーズはあるとはいえず、逆に住宅街に単身者向けの物件を建築しても入居率が思わしくないことがあります。そのため資金計画などと合わせ、建築予定の地域にあったニーズを見極めておくと良いでしょう。上記のポイントをしっかり押さえ、不動産賃貸業を営むことをお勧めします。

賃貸の場合、家賃が高いと後々になって苦労します。光熱費や食費を考慮して給料の3分の1を目安に選ぶようにします。