中古マンションの選び方やその良いところとは!

中古マンションの選び方やその良いところとは!

中古マンションはとても安いです

日本のマンションというのは基本的に新築で買いますと買った瞬間に二三割程度は下がることになります。これはどうしても御祝儀価格となってしまっているからです。しかし、それでも十分に新築で買う価値はあります。何しろ、綺麗ですし耐震性的にもよいからです。しかし、安く買うのであれば中古マンションにするとよいでしょう。これならば新築よりも遥かに安く買うことができるようになる可能性が高いですから、お勧め出来るわけです。

安く買う方法について

中古マンションを買う方法、選ぶ方法としては競売が一番お勧めできます。これは市価よりは遥かに安いことが確実になります。言うまでもありませんが、プロが使うような買い方であるわけですがそれでも最近は素人も入ってきています。下見ができない、ということがありますし最初に保証金を出す必要があったりしますから意外とハードルは高いです。しかし、それでも非常に安く買うことができるようになりますから、良い方法でもあります。

中古マンションはどのくらい使えるのが

一番気になることはいつまで使えるのか、ということでしょう。中古マンションでは築年数をよく見たほうがよいです。そのマンション自体の作り方を見るとかそうしたこともありますが素人にはなかなか判断できないこともあります。築年数で見れば30年程度は確実に持つことができるようになっていますから、例えば15年程度の築年数であれば後15年は十分に使えるといっても良いでしょう。こうした判断をすることはできるようになります。

リノベーションマンションは、入居者にとってコストパフォーマンスが良いことで知られています。大規模リフォーム済みの新築に近い物件を、中古物件に準じた相場で借りられることがその理由です。