賃貸住宅の賃貸契約書の契約期間と解約予告期間

賃貸住宅の賃貸契約書の契約期間と解約予告期間

契約期間の意義とは?

賃貸住宅を借りる時には賃貸契約書が渡されます。そこには契約期間と解約予告期間の両方が書いてあります。契約期間はたいてい2年となっているようです。2年過ぎると契約更新料を支払って、契約を結びなおします。契約期間内に、家賃が値上がりすることはないでしょう。値上がりするとしたら、契約更新時となります。と言っても最近は家賃がむしろ値下がりする傾向にありますから、値上げの心配をする必要はもはやほとんどないでしょう。

引越すときに大事なのは

引越すときに問題となるのは、契約期間ではなく、解約予告期間のほうです。契約期間とは、一般的にはその期間内には家賃の値上げがなされない、という程度のもので、契約期間内であっても、借り手はいつでも引越して行くことができますし、家主も借り手に退去を迫ることができます。契約期間は、居住の権利や義務を定めたものではありません。学生専門の賃貸物件とかなら、契約期間内の引越しには家賃3か月分を一律請求、なんてこともあるみたいですけど。

退去の際は解約予告期間に注意

解約予告期間とは、引越すときにその前まで引越しの意志を家主に伝えたら、違約金の請求がない、というものです。なんの違約金かというと、解約予告期間前に引越すことを家主に伝えるという契約への違約金です。解約予告期間は上限が3か月と法律で決まっています。家主がその範囲内で決めますが、たいていはひと月となっているようです。ひと月前まで家主に退去の意志を伝えられるようにしましょう。それが遅れると、伝えてからあとのひと月分の家賃を違約金として支払うことになります。

函館市の賃貸マンションに住んでいれば、好きなときに引っ越すことができるので近所トラブルの被害者になったとしても引っ越せば解決できます。